進学先の候補の1つに考えていただきありがとうございます。清水はこれまでたくさんのケースを見てきましたが、自分と価値観が近いところに行くのがHappyな大学院生活を送る大事な要素の1つだと思っています (詳しくは選んではいけないラボの特徴9つを参照)。

研究の面では苦労することが多々あってもサイエンス以外のことで大学院生にunhappyになってほしくありません。人の価値観は過去の影響を強く受けますし行動にも現れます。これまでの研究等のエピソードは挫折も含めてConnecting the dotsに拙文ですが掲載していますので、まずは一度全てお読みいただき、清水がどのような考えの人なのか、ご自身と価値観のずれがないかをご確認ください。

次に、次世代の研究者を本気で養成するための私たちの挑戦および生命医科学研究の将来・未来の2つをじっくりお読みいただき清水の教育研究に関するビジョンと戦略を今一度ご確認いただき、同時にご自身が本気で研究者を目指しているのかを再確認ください。

清水のマインドをご理解いただいたら、次に確認いただきたいのはソフト面とハード面での研究環境です。ソフト面については東京科学大AIシステム医科学分野へようこそのページ、ハード面については訪問の際にもご案内しますがこちらの写真にいろいろ掲載しておりますので、ご自身の希望をクリアしていることをご確認ください。

これ以外に、もしご興味があれば清水の私見を

で公開しているので、それぞれのトピックスについてどのように考えている人なのか、ということも垣間見えるでしょう。また、外部の方向けにはTwitterのアカウントからも情報発信をしているので何かの参考になるかもしれません。

これらをふまえた上で大学院入学を前向きに検討したい (面談・研究室見学したい) という方はぜひメール等でお問い合わせください。時期に関係なく随時受け付けていますのでお気軽にどうぞ。

大学院に関するお問い合わせについてお願い

ほとんどの研究室では、語弊を恐れずにいえば大学院生は「一種の駒」で無給で働いてくれる労働力なので、来るもの拒まずでぜひ来てほしいというでしょう。でも私達は、学生を受け入れるのはその学生さんを博士号取得時にはどこに出ても恥ずかしくない一人前の研究者にする重い責任があると考えております。学術に関してはみなさんの親代わりだと思っており、厳しく教育して数年後には高い競争力と豊かな見識を持つ一人前のアカデミア研究者に育て上げます。したがって、私達は責任を持ってその学生さんを数年間預かることができるか、そして同じく研究者を目指して懸命に修行をしている現在の学生メンバーたちとお互いに切磋琢磨していけるかを非常に重視しています。日本で一番これらのことを考えている研究室ですので、必然的に日本で一番多くのことをお聞きすることになります。お手数をおかけしますが、あらかじめご了承ください。

清水は毎日多くのメールを受け取っています。大学院に関するお問い合わせがその中に埋もれてしまうといけませんし、必要事項が書かれていないとどんなことを希望されているのか分かりませんので、下記の事項を満たして下さい。たまに経歴と「面談お願いします」というだけのメールが来ますが、そういう方とは面会しません。たくさんのことをお伺いしていますが、初めてのメールすらしっかり書けない程度の熱意の方はよそに行かれてください。単に医療やバイオやデータサイエンスをちょっと学びたいだけの方は清水研では受け入れません。私達は本当に情熱のある方に絞ってその分どこよりもしっかりとした教育をしたいと考えております。その最初のきっかけとして1人につき2時間も個別面談をして大学院を検討する上でのさまざまな機会を提供しておりますので、みなさんも時間をとってみっちりとメールを書いていただく必要があります。

前提として、件名は「2025年度博士課程について問い合わせ (東京医科歯科大・清水秀幸)」のように、「入学希望年度、修士・博士課程のどちらについてのお問い合わせなのか、現在の所属とお名前」が分かるようにしてください。現在募集しているのは2025年度の修士課程および博士課程です。

  1. 本文にはお名前と2024.4.1時点の年齢・所属高卒以上の略歴・自己PR (研究をしていた方は大まかな内容や研究業績があればそれも)を加えた上で、当研究室のどのような点に (あるいはどのような経緯で) 興味を持って連絡をくださったのかをお書きください。志望理由は本学の大学院入試の面接でも聞かれる可能性の高い項目です。特に、広義の生命科学 (医学・創薬を含む) または情報科学以外を専攻してきた方は、なぜこれまでの専攻をさらに極めるのではなく分野替えをしたいのかを明確にしてください。また、経歴上何らかのブランクがある方はその説明もお願いします。
  2. ご自身の「大学院卒業後のキャリアプラン」について教えて下さい。修士課程を希望している方は修士号をとった後の、博士課程を希望している方は博士号をとった後にどうしたいのかという人生設計をお尋ねしています。1. 修士をとって企業の研究職として就職、2. 修士をとって企業の研究職以外として就職 、3. (修士課程の方は博士まで進み、) 博士をとって企業・医療機関に就職、4. 博士をとって学術機関にアカデミア研究者として就職、5. その他、のどれを現時点で希望するのかを書いて、その詳細をお知らせください。
  3. データサイエンス領域と、(医科学を含む広い意味の) ライフサイエンス領域それぞれにおけるご自身の現状の知識や経験について教えて下さい。現状はこれらがなくても構いませんが、その場合は集中的な自己投資が必要なことはあらかじめご覚悟ください (当研究室では研究テーマに関わらず両者の高度な知識が入学後は必要になります)。関連して、修士課程を希望する方は「数学・物理」「化学」「生物」「臨床検査学」「口腔保健学」「社会医学」の中から一番得意な科目を教えてください。院試では「専門科目」として自分で選んだ1科目で勝負する必要があるため、面談時にはその科目についてこれまでどのようなことを学んで来たのかを口頭でお尋ねします (口頭試問ではありませんので面談前に特段の勉強は不要です)。
  4. ホームページに書いてあるように、大学院探しは一種のお見合いのようなもの。みなさんも自分に合う大学院を探しているでしょうが、私たちも「指導したい」とか「研究室に合う」などと思う学生さんを選んでいます。私たちは生命医科学 x 数理情報科学に関する日本一の教育を提供しますが、それでは逆に私たちにとってあなたを迎え入れるメリットは何でしょうか? あなたはどんなことをラボにgiveしてくれるのか、という質問でもあります。この質問に答える上では、こちらの補足もお読みください。
  5. こちらの基準をご覧になり、学術研究の訓練を開始するにあたって十分な基礎英語力 (修士と博士で基準が異なることに注意してください) があることをお書きください。当教室の面談時での基準は「この方と一緒に研究がしたいか」が主なものですが、清水は研究室主宰者として「この方を責任を持って数年間お預かりできるか」「この方は本学の大学院入試に合格できる基礎学力を持っているか」の2点も見ています。もし英語力基準を超えるスコア等を持っているのであればPDF等でアピールしていただくと「この方は本学の大学院入試に合格できる基礎学力を持っているか」の部分でいくらかポジティブに働きます。もし今の時点でこの基準に届かない場合でも、英語の試験を一切受けたことがないというのでも構いませんが、英語力を明示いただけた場合にはその分プラスになりますというお話です。
  6. 修士課程を希望する方は3にも関連して大学院1年目の最初の学会 (12月) までは特に集中的な自己投資が必要です。入学直後の4月〜12月までの期間にアルバイトや就活等のため平日に一定の休みがほしいという方はあらかじめお知らせください (入学後にはじめて申告するのは公平性の観点から認められません。なお土日にアルバイト等をすることは妨げませんので問い合わせの時点では申告不要です)。詳しくは修士課程向けのこちらのページ「お願い2」をご覧ください。
  7. 医療従事者で、博士課程を希望する方こちらのページをお読みください。
  8. こちらのページをご覧になり、メンタル面で清水研でやっていけそうかをご判断いただき、そういった心配はないのであればその旨をお書きください (ラボの方針や考え方などを事前に承知した上で入学しているという証拠になってしまいますので慎重にご判断ください)。
  9. 失礼ではございますが、大学院生としていらっしゃることになった場合に生活費や授業料はどうなさるおつもりでしょうか? 例えば親御さんが出してくださる、奨学金を借りる、すでに働いていてその時の貯金を少しずつ使うなどのご予定をお尋ねしています。博士課程の方にしばしば学振DC1について聞かれるのですが、筆頭著者として査読付き原著論文があれば採択の可能性は高めかと思いますが、一方でそうではない場合には学振DCの採択率は全国平均と同じ2割程度とお考えください。論文実績がないのに学振DC1というのは不可能ではありませんが、倍率はざっくり5倍、それをあてにしてはいけません。学振DC2についてはライバルも強くなりますので、論文実績がないとかなり厳しいです。
  10. こちらの記事をご一読いただき科学界の情勢をご理解いただいた上で、コンピューター解析に特化したいのか、それとも生命科学実験もしたいのか教えて下さい (どちらも歓迎です)。また、最初のプロジェクトは現在の研究ページに掲げているどれかに関連することになる可能性が高いです。これらのうちどのあたりに興味があるのか (あるいはどれでもいいのか) をお書きください。もし患者さんの診療データをメインに使う研究をしたいのであれば、こちらのページも事前にチェックしてください。もちろんテーマが決まるのはまだずっと先ですが、これはどういうスタンスの研究に取り組みたいのか概要を把握するためにお尋ねしています。さらに、もしあれば力をつけた後に取り組んでみたい (現実的かはさておき) 夢の研究を教えて下さい (2年目以降には「マイプロジェクト」を並行して行うことを奨励しているので大学院時代に取り組めるかもしれません)。
  11. たくさんあって恐縮ですが、不幸なミスマッチを防ぐために次に示すいくつかの記事に目を通してください。清水の過去を振り返ったConnecting the dots私たちの挑戦生命医科学研究の将来・未来、清水研の教育ポリシー研究ポリシー研究者を目指す方のキャリアガイドの該当項目 (修士課程 or 博士課程)、戦略的大学院生活のすゝめ研究者に向く人向かない人短期でラボを離れた理由、および大学院生受け入れ必須条件とQ&Aを読んだ旨をお書きください。
  12. もし金曜日の午後に都合をつけられるのであれば、私達の自慢の教育システムの1つであるpre-JC (1年生を対象にした2時間の双方向性論文勉強会) も合わせて体験することをオススメしておりますが、pre-JC参加のご希望はありますか? 金曜日午後のpre-JCはオプションですので参加するしないはどちらでも構いません (3-5月の見学の場合、他の見学者の方との兼ね合いでご希望いただいてもpre-JCに参加できない場合があります。現在のところ、ゲスト参加可能な次のpre-JCは3/15 (金) 午後になります)。pre-JCは学術論文を扱いますので全然分からないのが普通だと思っていますが、もし事前に論文を予習して当日にいろいろなdiscussionに貢献できる力があれば「この方は本学の大学院入試に合格できる基礎学力を持っているか」の点でアピールすることもできるでしょう (何も分からないのが普通ですのでオプションのpre-JCに参加して全然答えられないことでマイナス評価になることはありません)。面談に関して、原則として連絡をいただいてから1週間後を目処に面談できるようにしておりますが、都合の悪い日や時間帯があらかじめわかっていればご教示ください。東京近郊以外にお住まいの方などは、ご希望の面談日を提示していただくことも可能です (その指定日に面談できるかは当方の都合も関わりますのでお約束はできませんが)。面談は基本的に月〜金の午後 (13時〜18時) になります。医師などの仕事をされている方で、平日が難しい場合には土日祝でも対応可能な場合がありますのでご相談ください。
  13. 清水との1:1のお話だけでなく,バックグランドが比較的近いメンバーを中心に、スタッフや現在の学生たち3~5名と座談会を行っています。その際、この人 (複数可) とぜひ話してみたいというメンバー (スタッフ・ダブルメンター等を除く正規の大学院生) がチームのページにおりましたらご指名ください。我々の研究 (学部生の場合は授業/実習も含む) の都合上、お約束できないのが心苦しいところですが、なるべくその人を含む複数名とお話できるように善処します。
  14. その他、面談時に特に詳しく知りたいことがもしあればお書きください。なお、ご相談いただくことが多い大学院生への経済支援についてはこちら、大学院入試に向けた先輩からのアドバイスの概要はこちらで説明しています。また、入学後に特別な気遣いをしてほしい方 (例として現在介護・妊娠・育児中といったライフイベントでの配慮や、何らかの病気・障害等がありバリアフリー・耳栓等の使用、トランスジェンダーでトイレ等の配慮が必要など) はこの時点でお申し出ください。清水研在籍期間の「予定」も含みます。ここで明記しておりますので、大学院受験後には交通事故など突発的なものでない限り特別な配慮はできません (急に工事するとか難しいので)。

以上を網羅したことをご確認の上、清水 (h_shimizu.dsc@tmd.ac.jp) までメールをお送りください。

大学院に関する面談およびアンケートについてお願い

当研究室ではあらかじめ受け入れ条件を明示しておりますので、明らかに合致しない方の場合にはメールの時点でお断りさせていただきますが、そうではない多くの方々とは面談をさせていただいております。その場合、メールをいただいてから早いうちに面談のご案内と同時にアンケートのお願いをさせていただきます。面談時間はどうしても時間が限られますので、それに先立って、どのような価値観やお考えの方なのかをこちらも多少なりとも把握させていただきたいと思っております。私のことはこのホームページにいろいろ書いていますが、同じようにゲストでお越しいただく方のことを予め知った上で面談をしたいです。そのため、大変お手数ですが10-15分ほどのアンケートにご協力をお願いいたします。質問に対して「当てはまる」「当てはまらない」など複数の選択肢の中から1つを選んでいただくタイプのアンケートです。メールをいただいた後、まず一番最初にアンケートへのURLをメールで送付させていただきます。3日を目安に入力し、こちらからお送りするメールには秘書がccに入っていますので「全員に返信」を押して秘書をccに入れた状態でアンケートに記入した旨を清水にお知らせください。その後に研究室訪問の日時を調整させていただきます (目安としてアンケートを送付いただいていから1週間~10日後くらい)。

また、私達の研究室や研究内容等を紹介したこちらの動画ページに入っていただき、80分の動画を事前にご覧いただきます。パスワードがかかっていますが、そのパスワードは面談のご案内メールに明記しております。

面談の流れですが、まず入学を検討されている方みなさんに高校在学中あるいは大学入学後〜現在の間の自己PR・自己紹介等をお願いしております。形式は自由で、パワポで作る方もいれば、大きな1枚もののポスターをつくってpdfでくださった方もいますし、自己紹介動画や自作のwebサイトを使った方もいました。スライド3枚でも30枚でも構いません (が、みなさんが受け入れ側になったときに学生さんの何が知りたいのかを想像してプレゼンを作って下さい。相手が知りたいことをメインに組み立てるのはプレゼンの基本です)。そういった資料を面談前日までに清水にメールで送ってください。当日はその資料を映写できるよう準備させていただきます。

スライドのどこかにはご自身が写っている写真を入れてください。私達の研究室には、年間で30名ほどの見学の方が来ていますので、写真が入っていないと後でどんな方だったか思い出しにくくなります (こちら側の都合ですみません)。また、どのような方なのかなるべく多く知って理解したいと思っています。例えばこれまでどんな人生を歩んできたのか、これまでの研究内容とその主要な結果とチームではなくご自身の貢献部分 (基礎検討をしている段階とか、そもそも研究をしていないでも可ですが、これまでの取り組みについて教えて下さい。博士課程を希望する学生さんは必須ですし、修士課程希望の学生さんも卒業研究について教えて下さい。当然機密を守りますので、まだ未発表のデータでも差し支えなければお見せいただければ幸いです)、広い意味のライフサイエンスではない専攻だったのであればなぜ生命科学・医療の分野に変更するのか、これまで病院やその他の職場で働いてきたのであればなぜ今から基礎系の清水研で研究をしたいのか類似領域を研究している他の研究室ではなく清水研に見学に来た理由、今はどんなことに興味があるのか、今後どのようなキャリアパスを考えているのか。略歴を見るだけでは分からないことも含めて、ご自身のやり方で自己PRしてください。趣味の話をスライド何枚にもわたってする方もいますが、そういうのはコンパクトにまとめていただき、太字の項目に力点をおいていただけると幸いです。また、当日は用意いただいたスライド全てを詳細に説明していただく必要はございません。私が詳しく知りたいであろうと思うところに焦点をご自身で絞って自己紹介は長くても30分以内で終えてください (私もいろいろ途中でお聞きしますから、ざっくりスライド1枚=2~3分だとお考えください)

いただいた資料は当日面談予定の当研究室メンバー全員にあらかじめシェアさせていただきます。

その後、事前にご覧いただいた動画についてご質問があればそれにお答えしますし、他にも少しいろいろなお話をします。

その後の面談の流れは、さまざまな事情により変化しますが一例をお示しすると次のようになります。当研究室のスタッフ数名と25分ほど面談していただきます。そして、当研究室にいらっしゃるのであれば先輩になる今の学生たち数名と雑談をしながら、ラボ内・学内ツアーにでかけます。最後に、再び私の部屋に戻ってきて、総括をして終了という流れになります。

面談時間は用意していただく自己紹介 + 私との対談、ラボメンバーとの対談 x 2 (+ラボ内ツアー) で合わせて2時間です。(pre-JCへの参加を希望する方は小休憩の後に+2時間)。

最後にもう一度だけ我々が面談で拝見させていただいている項目を列挙させていただきます

  • 「この方と一緒に研究がしたいか」: 清水、スタッフ2名、学生2名
  • 「この方は本学の院試に合格できるだけの基礎学力をお持ちか」(院試勉強をするので、面談時に院試突破レベルにあるかという意味ではありません):清水
  • 「この方を2年ないし4年、指導教員として責任を持ってお預かりできるか」:清水

よいご縁がありますことを心待ちにしております。

※自己紹介は非常に大切なスキルでして、研究者の最初の登竜門でもある学振特別研究員 (優秀な大学院生が国から月20万の給料をもらえる制度) の申請書にも自己紹介欄がありますし、卒業後にポスドクや大学教員ポストを獲得する時、大型の研究費を申請するときなどにも自己PRを含むプレゼン選考があります。ぜひその練習にしてください。

※ 留学生の方はご希望であれば英語による面談を行います。その際には通常の面談に加えて、日本語による意思疎通がどの程度できるかも合わせて確認させていただきます。面談時は日本語がそれほど得意でなくても英語がしっかりしていれば構いませんが、大学院生向けの勉強会は日本語で行われていますので、入学までに日本語検定N1レベルに到達できていないと学問以前に言葉の点で大きな苦労をすると思います。

面談後の流れについて

面談にお越しいただき、いろいろな選択肢を検討した上で、当分野を第1志望として出願したいという方は後日メールでお知らせください (本命は他大学で、当教室は第2志望以下だけど滑り止めで出願したいというのは受付しません。本気で私達のチームに加わりたい方に席をお譲りください)。また、面談後に英語をたくさん勉強してTOEFL等の公開テストを受けてスコアが上昇したのであればそれを見せていただけると幸いです。「この方は本学の大学院入試に合格できる基礎学力を持っているか」の点でプラスになります。今は英語の例を出しましたが学会発表したとか他のことも同じです。面談後に何か進展があったら教えてください。(失礼ながら) 本学の大学院入試には合格できそうにないと思われる方には「出願許可」はできません。出願・準備・院試には少なくないエフォートが必要ですので、可能性の低い本学ではなくより院試との相性のよい他大学で活躍していただくために、ご本人のことを考えて私達は泣く泣くお断りする場合があります

院試の点以外にも、私たちは「来るもの拒まず」ではありません。過去には短期でラボを去った学生さんが複数名おりましたが、みなさんにとって不幸なミスマッチにならないよう、私達も気をつけて私達の研究室が本当にその学生さんにとってよいのかを判断しています。例えば興味の方向性が当教室の方向性と大きくずれているとか、面談の際に話をしていただく複数のメンバー全員から軒並みミスマッチという印象を持たれているとか、いろいろな理由でお断りすることもあるでしょうし、逆に全員から「ぜひ一緒に研究したい」という強いポジティブな心証を持たれた学生さんもいます。最初のメールから面談終了までのいろいろなことから、こちらが「出願許可」できるか判断しております。ですので見学が遅かったりたくさん悩んでギリギリになったりすると、こちらが受け入れできないという返事だった場合に困ると思いますので、日程に余裕を持った早めの意思決定をオススメします

本学においては希望する研究室の分野長 (清水) からの「出願許可」が院試の出願に必要になります。出願許可をメールでもらったら、そのメールはきちんと保存しておいてください。願書を提出後、出願許可を得ているのか証拠を出してほしいと事務から言われる可能性があります。

なお、出願完了したら書留の控えの写真やPDFとともに清水宛に出願完了のメールをしてください。以前、願書が期日までに大学に届かないというトラブルがありましたので。