Sorry. ENGLISH page is under construction

PuBLICations

【Research Articles】

  • Mise S, Matsumoto A, Shimada K, Hosaka T, Takahashi M, Ichihara K, Shimizu H, Shiraishi C, Saito D, Suyama M, Yasuda T, Ide T, Izumi Y, Bamba T, Kimura-Someya T, Shirouzu T, Miyata H, Ikawa M, and Nakayama KI. Kastor and Polluks polypeptides encoded by a single gene locus cooperatively regulate VDAC and spermatogenesis. Nature Commun. 2022  (IF=14.9)

【Invited Talks (in Japanese) 】

  • 清水 秀幸. タイトル未定, 第45回日本分子生物学会ワークショップ, 2022
  • 清水 秀幸. タイトル未定, 東京大学理学部セミナー, 2022

【Research Articles】

【Talk】

  • Way J, Dobbertin T, Heid D, Chan KR, Vernet A, Sanchez-Ventura M, Graveline A, Burrill D, Lee J, Shimizu H, Niopek D, Silver P. Harnessing the natural trypsin antagonist SPINK-1 for targeted treatment of acute pancreatitis. 52nd Annual Meeting of the American Pancreatic Association. 2021

【Patent (in Japanese) 】

  • 中山 敬一, 清水 秀幸. 特願2021-091667 相互作用推定方法、相互作用推定装置および相互作用推定プログラム 

【Research Articles】

【Review】

【Research Articles】

【Invited Talks】

  • Shimizu H, Nakayama KI. Machine learning uncovers novel aspects in healthcare and life science, 第42回日本分子生物学会シンポジウム, 2019
  • 清水 秀幸. データ駆動科学によるがん個別化医療への試み, 東北大学加齢医学研究所セミナー, 2019

【Other talks (in Japanese) 】

  • 見世 慎太朗、松本 有樹修、市原 知哉、清水 秀幸、高橋 政友、和泉 自泰、馬場 健史、宮田 治彦、嶋田 圭祐、伊川 正人、中山 敬一. 精子特異的な2つの新規ポリペプチドはVDACの機能と精子ミトコンドリアの形態形成を制御する. 第42回 日本分子生物学会年会, 2019
  • 小玉 学、押川 清孝、清水 秀幸、吉岡 進、高橋 政友、和泉 自泰、馬場 健史、朝長 毅、松本 雅記、中山 敬一. 核酸合成経路へのグルタミン代謝シフトはヒトがんの悪性化を可能とする. 第42回 日本分子生物学会年会, 2019
  • 澤田 高志清水 秀幸、山内 悠平、中山 敬一. 腫瘍進展を抑制し予後に関わるマイクロRNA miR-139の同定. 第42回 日本分子生物学会年会, 2019
  • 清水 秀幸, An AI-based Scoring System Precisely Predicts Overall Survival of Breast Cancer Patients. 第14回研究所ネットワーク国際シンポジウム, 2019

【Books (in Japanese)】

  • (分担執筆) 清水 秀幸, 中山 敬一. 「人と共生するAI革命―活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望」エヌ・ティー・エス出版,  2019

【Research Article】

【Talks】

  • 清水 秀幸、中山 敬一. 人工知能を使って乳がん患者の生存予後を正確に予測する. 第41回日本分子生物学会年会, 2018
  • 清水 秀幸、中山 敬一.  人工知能を使って乳がん患者の生存予後を正確に予測する. 第7回生命医薬情報学連合大会, 2018
  • Shimizu H, Matsumoto M, Nakayama KI. Artificial Intelligence Precisely Predicts Overall Survival of Cancer Patients. 第21回九州大学生体防御医学研究所リトリート, 2018 【 Best Oral Presentation Award】
  • 清水 秀幸、武石 昭一郎、中津海 洋一、中山 敬一. 固形がんにおけるFbxw7を標的とした静止期追い出し療法. 第40回日本分子生物学会年会, 2017
  • 清水 秀幸、武石 昭一郎、中山 敬一. ユビキチンリガーゼFbxw7を標的とした新規乳がん治療法の開発. 第39回日本分子生物学会年会, 2016
  • 清水 秀幸, C型慢性肝炎におけるテラプレビル3剤併用療法~当院における19例のまとめ~, 第196回日本消化器病学会東北支部例会, 2013
  • Fukushige S, Shimizu H, Sato Y, Horii A. Identification of novel targets for aberrant methylation in pancreatic cancer by a newly developed method “methyl-CpG targeted transcriptional activation (MeTA)”. AACR 101st Annual Meeting 2010
  • 清水 秀幸, 福重 真一, 堀井 明. メチル化で発現抑制された遺伝子を特定する新規の方法「MeTA」の膵癌解析への応用, 第99回日本病理学会総会, 2010
  • Shimizu H, Fukushige S, Horii A. Identification of epigenetically silenced genes by the novel “methyl-CpG targeted transcriptional activation” method in human pancreatic cancer. AACR-JCA 8th Joint Conference, 2010

【Patent (in Japanese)】

  • 中山 敬一, 清水 秀幸. 特願2018-157870 被検体に生じるイベントを予測するための判別器の生成方法、及び前記判別器を用いた被検体の層別化方法 

Contact

 

Prof.  Hideyuki SHIMIZU

h_shimizu.dsc@tmd.ac.jp

Department of  AI Systems Medicine, M&D Data Science Center, Tokyo Medical and Dental University 

1-5-45 Yushima
Bunkyo-ku, Tokyo 113-8510, JAPAN