生命科学あるいは医療系と、情報科学のダブルメジャーを目指しませんか?

東京医科歯科大学M&Dデータ科学センターAIシステム医科学分野では、全国さまざまな機関に所属する学部生・修士課程学生を対象にしたBiomedical Data Science Clubオンライン研究チャレンジ制度によって生命科学系、医療系の学生さんに数理情報科学の基礎的な知識を提供してきました。

これをさらに拡大かつ高度化し、博士課程の大学院生を対象にしたダブルメンター制度を2023年1月より開始します。現在の研究室 (や医局) に所属したまま、オンラインで非常に高度な数理情報科学を習得することができます。また、学位のためにまさに今取り組んでいる研究プロジェクトをサポートするので、学位取得を早めることもできるでしょう。

アメリカのHarvard Medical Schoolに留学していた頃によく目にしていたのは、学部生が全く異なる2つの専攻 (例えば生物と数学など) を同時に勉強しているということでした。これはdouble majorと呼ばれ、Harvardではわりと一般的なことです。また、日本の博士課程に相当するgraduate schoolでは、そもそも研究領域の異なる複数の教員がmentorとして共同で指導し、学生は1つのラボにメインでは所属しつつもそれ以外のmentorと頻繁に討論するという制度になっています。こうした複数領域に早くから習熟するからこそ、その卒業生は学術界にせよ他の業界にせよ世界中でハイインパクトな成果を出し続けているわけですし、またメンターが複数いることでさまざまな人脈が広がっていき多様性が生まれています

私たちは日本の大学のシステムを変えるほどの政治力は持ち合わせていませんが、こうしたマインドに共感していただける方だけにでもHarvardやMITの標準的な考え方・制度を提供したいと考えています。

ダブルメンター制のメリット

ダブルメンター制により提供可能なベネフィットは次の9個です。このうち3,4以外はオンラインなので全国どこの研究機関にご所属でも大丈夫です。

  1. スーパーコンピューターSHIROKANE最上級モード(D9モード) およびデータストレージサーバーSHIRAUMEアクセス権 (家からでも利用可)
  2. 配属前に学習するオンライン予習教材 (200時間分の演習教材)
  3. 米国マサチューセッツ工科大 (MIT) ・人工知能研究所 (CSAIL) で使われているのと同じ教材を使ったML特論 (2年コース)
  4. システム生物学, 数理生物学, 合成生物学, 量子情報科学等の多様な周辺領域を学ぶCS (convergence science) 特論 (2年コース)
  5. バイオメディカルデータサイエンスとその関連領域における人脈ネットワーク (清水研は30年続くので今後同門の方がたくさん輩出されるでしょう)
  6. ラボメンバーからの建設的な批判によるプロジェクトの軌道修正
  7. ほぼ毎月ある研究に関する個別ミーティングを通じた論理的思考回路の構築
  8. 最先端の学術論文やテクノロジーを毎週学ぶ機会
  9. 2年に1本以上の頻度で筆頭著者として英語学術論文を国際誌に発表できる可能性

正直なところ、正規の清水研大学院生にはより多くのベネフィットを提供しているので全く同じというわけではありませんが、それでも副指導や共同研究ベースでは他のラボの先生にここまでたくさんのことを学べることはありません。ダブルメンター制だからこそ可能なのです。

ご専門とする医療あるいは生命科学に加えて、博士課程の間に高度な数理情報科学も習得してダブルメジャーの稀有な人材になりませんか?

制度の概要および私たちからの希望事項

  • 特定のプロジェクトのための手法にとらわれない広範な知見を伝授しますが、表向きは学生さんのテーマに対する共同研究という形をとらせていただきます。具体的には、私たちのメンバーのうち清水と他の1~2名のメンバーが一緒に取り組ませていただきます。また、ダブルメンター制度は名前の通り共同で指導をさせていただくものですので、博士論文を発表する際には清水をco-corresponding author (の1人) にしていただけますと幸いです
  • 広範な数理情報科学を武器として身につけていただくために、ダブルメンター期間は2年以上必要です (3年, 4年なども可能です)。
  • 月曜日の午後に2時間ほど私たちの研究室の論文抄読会およびテクノロジーセミナーにオンライン参加していただきます。
  • 少なくとも月に1回 (あるいは隔週に1回)、火曜日の午後に進捗を報告し、グループで一緒に討論する時間をいただきます。
  • 年に2回 (9月と3月) の土曜日に、清水研在籍者合同のオンライン研究会に出席していただきます。そこでは国際学会に準じて半年間の研究成果を英語で発表・討論していただき、また他の発表者に対して英語で積極的な質問をお願いいたします。
  • もしご希望であれば、火曜日17:30-19:00および隔週の土曜日午前にそれぞれ非常に高度な大学院生向けの勉強会を東京医科歯科大学 神田駿河台キャンパスで開催しておりますが、それにご参加いただくことが可能です。

ダブルメンターを希望される方へ

ダブルメンター制度は、当然ですがすでにメンターをされている先生に許可をいただく必要があります。ダブルメンター制度に強い興味を持っていただいた博士課程の学生さんは、現在の研究室のトップの先生にご相談ください。先生方向けのページはこちらです。

指導教員 (教授・准教授・部長などの肩書きは問いませんがその研究室や医局のトップ)の先生とよくご相談いただいた上で、先生から清水宛にメールを送っていただいてください。