ダブルメンターとして博士課程大学院生に機械学習や統計科学、高度なインフォマティクス解析を伝授します

臨床系の先生方や基礎医学・生命科学系の先生方のもとで学んでいる博士課程の大学院生に、高度な情報解析をみっちりと伝授する東京医科歯科大学M&Dデータ科学センターAIシステム医科学分野のダブルメンター制度についてご案内します。外部への派遣とは違って、先生方の研究室に籍を置きながら大学院生に情報科学も身につけさせることができます

東京医科歯科大学の先生はもちろん、その他の研究機関の先生方も募集しています。オンラインなので全国どこの研究機関にご所属でも可能です

なぜこのような制度を始めたのか

日本の医局や研究室では1人のPIが責任を持って大学院生に博士号をとらせるよう指導するというのが普通ですが、アメリカHarvard Medical Schoolで見た光景はそれとは対極でした。もちろん主で指導する研究者はいるのですが、それ以外にも複数のPIがco-mentorとしてそれぞれの学生を指導しているのです。学生は複数の先生方のそれぞれが得意とすることを吸収し、昨今のハイインパクトジャーナルで要求される分野融合型のリサーチにつながっていくのです。東京医科歯科大学にも「副指導」という制度はありますが、Harvardの制度は「副指導」よりはるかに大きなcontributionが求められる仕組みになっていました。

そこで日本においてもHarvard Medical Schoolの博士課程学生に提供されていたような制度を用意しました。医局の先生方や実験系の先生方のもとで博士号取得を目指している学生さんに高度なインフォマティクスを伝授し、学生さんがそれぞれの研究室に要素技術を持ち帰ることでこれまで以上に高度なAIや数理統計学、情報学を駆使した基礎研究・臨床研究を遂行していただけます

私たちが提供できるValue

ある特定のプロジェクトに関することをサポートする共同研究や副指導とは一線を画し、ダブルメンター制度では先生方の大学院生に高度なプログラミングスキルやAI・インフォマティクス解析、そして将来どんな新しい解析手法が登場してもその原著論文に記されている数理を読み解く力そのものを伝授します。具体的に、私たちが提供する具体的な内容はこちらの学生向けページをご覧ください。

自分たちの研究室にないものを吸収したい時にはその要素技術を持つ研究室に大学院生を派遣することが一般的かと思いますが、ダブルメンター制度では先生方の研究室に在籍したまま指導しますので、現在の研究や医局duty等をほとんど維持したまま院生に専門的な教育を受けさせることが可能です

先生方がお持ちのデータ (診療データや実験データ等) 解析はもちろん、それだけにとどまらない指導を行いますので、その学生を通して先生方の研究室に新たなノウハウを提供できます

私たちからの希望事項

  • 広範な数理情報科学を武器として身につけていただくために、ダブルメンター期間は2年以上必要です (3年, 4年なども可能です)。
  • 月曜日の午後に2時間ほど私たちの研究室の論文抄読会およびテクノロジーセミナーに先生方の学生がオンライン参加するため医局等のdutyができない時間があることをお認めください。
  • 少なくとも月に1回 (あるいは隔週に1回)、火曜日の午後に先生方の学生が私たちに進捗を報告した上でデータについて討論させていただくことをお認めください。
  • 年に2回、清水研在籍者合同のオンライン研究会に学生が出席・発表するのをお許しください。そこでは先生方の学生さんに国際学会に準じて半年間の研究成果を英語で発表・討論していただきます。もちろん当方のラボメンバーには先生方の未発表データを口外しないよう厳しく指導します。
  • こちらはもし学生が希望すればということなのですが、火曜日17:30-19:00および隔週の土曜日午前にそれぞれ非常に高度な大学院生向けの勉強会 (それぞれCS特論、ML特論という教科書輪読会のようなもの)を開催しております (オンラインではなく東京医科歯科大学 神田駿河台キャンパスでの開催です)。もし学生が希望すれば、積極的な参加をお認めいただければ幸いです。
  • 特定のプロジェクトのための手法にとらわれない広範な知見を伝授しますが、表向きは先生方の学生さんと取り組むプロジェクトを設定する必要があります。すでに動き始めているものでも、新たに始めるものを私たちと相談しながらという形でも構いません。そのプロジェクトについて、最も適任だと思われる清水以外の当教室メンバーを1~2名選定させていただき、一緒に取り組ませていただきます。当分野の誰を選定するかは清水にご一任ください。
  • ダブルメンター制度は名前にも現れている通り対等の関係で共同で先生方の学生の指導をさせていただくものです。そのためその学生が博士論文を発表する際には、清水をco-corresponding author (の1人) にしていただけますと幸いです
  • 学生さんが博士号をとった後も、また別の機会に共同研究の可能性を今度は当分野からご相談させていただくことも出てくるかと存じます。もしご縁がありましたら引き続きご指導いただけますと幸甚です

ダブルメンター制度についてお問い合わせのある先生へ

ダブルメンター制度は2023年1月より随時募集します。上記希望事項をお認めいただいた上でのダブルメンター制の申し込み、あるいはご質問あれば清水 (h_shimizu.dsc@tmd.ac.jp) にメールでご連絡ください。

通常の共同研究よりさらに踏み込んだ形の素晴らしいコラボレーションが始まるのを楽しみにしております。